メニュー

金属アレルギーの方の歯科治療について

金属アレルギーの原因は

金属が汗や唾液に触れると、金属成分が溶けだし金属イオンとなります。この金属イオンが皮膚から浸透して粘膜と結合することで体内には無いタンパク質が出来てアレルギー源となります。金属アレルギーを発症するかどうかは人それぞれの許容範囲があり、それを超えるとアレルギーが発症します。今は金属アレルギーでない人も長期間金属イオンを取り込み続けているといつか金属アレルギーになってしまう可能性があります。

 

金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状には大きく分けて2種類の症状があります。金属接触アレルギーと全身型金属アレルギーです。

金属が触れている部分が炎症を起こす金属接触アレルギーは、アクセサリーなどが日常生活で汗をかいた肌に長時間触れる状態にあると起こしやすく、金属アレルギーを原因の多くを占めています。

歯科金属や内服薬、食品に含まれる金属が体内に侵入することで発症するのが全身型金属アレルギーです。口の粘膜や腸から吸収された後、汗として皮膚から分泌すると症状が現れます。金属接触アレルギーとは違い、全身から汗と共に出てくるので手の平や足底に多く症状がみられます。

 

金属アレルギーを起こす金属

金属アレルギーを起こしやすい金属で代表的なのがニッケル・コバルト・水銀・クロムといわれる金属です。 逆に起こしにくい金属は、金・銀・プラチナなどですが金・銀・プラチナでアレルギーになる人もいます。

歯科用金属には様々な種類の金属が使用されています。主成分の金、銀、プラチナ、パラジウム以外に合金として微量加えられる金属は、銅、亜鉛、錫、鉄、インジウム、イリジウム、レニウム、ルテニウム、ガリウム、ゲルマニウム、アルミニウムなど多くの種類が含まれています。歯科用金属ワイヤーには、ニッケル、コバルト、クロム、モリブデン、タングステン、マンガンなどが含まれています。(それぞれの製品に含まれている成分はメーカーが表示しています。)

また過去の歯科治療ではアマルガムという水銀の合金も使用されていました。

 

金属アレルギーの歯科治療

原因となっている金属を特定して、原因となる口腔内の金属を除去し、別種の金属や陶材などにすることによって症状を改善します。

どの金属に反応するかを確認するには皮膚科でパッチテストを受けます。パッチテストは背中に20種類くらいの金属を溶かした薬を皮膚に貼り付けて1周間ほど様子を見て、反応のある金属を特定します。

原因の金属が分かればその金属が含まれていない製品に変えるか、金属アレルギーの心配のないセラミックやレジン(プラスチック)を使った治療に変更します。

 健康保険でも金属を使わない治療をする事ができます

前歯は硬質レジンジャケットクラウン、臼歯はCAD/CAMハイブリッドクラウンが適用されます。ただ咬み合わせが強い方には壊れやすい材料なので不向きです。また歯の抜けたところは治療できません。

 セラミックを使った治療

セラミックを使った歯科治療が材料や製作法の発展で進んでいます。金属を使った場合と変りない治療ができます。健康保険には適用されていないので、全額自費診療となりますが、歯の色調の再現度から3種類の中から選んでいただけます。

金属の留め金を使わないノンクラスプデンチャーと呼ばれる入れ歯も制作する事ができます。こちらも全額自費診療となります。

金属アレルギーは1度なってしまうと、多くの場合はずっとその体質は変わりません。特に歯科金属をつけている場合は、金属が口内で溶け出さないように清潔に保つことがとても重要です。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME