メニュー

入れ歯(総義歯・部分義歯)

無くなった歯を放置しておくと、歯並びが悪化したり、健康に害を及ぼしたりする恐れがあります。

当院では、無くなってしまった歯を補うための治療を行っています。

歯の補完については、入れ歯(義歯)が一般的ですが、その他にも、残った歯を支えにして金属をかぶせるクラウンや、歯を植え込むインプラントについてもご案内しています。

  入れ歯ブリッジインプラント
  入れ歯 ブリッジ インプラント
  歯の両側に
ワイヤーがあります

(部分入れ歯)
抜けた歯の両隣を削り、
かぶせて固定します
歯を植え込みます
メリット
  • 比較的安価で導入しやすい
  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない
  • 歯を植え込むので、自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない
デメリット
  • 他の施術に比べて口の中の違和感が大きい
  • 外観で分かってしまうことがある
  • しゃべりづらくなる場合がある
  • 健康な歯を削る場合がある
  • 固定式なので、不衛生になる場合がある
  • 手術が必要
  • 疾患を抱えている場合に受けられないことがある
  • 保険が効かない

それぞれに違ったメリットがありますので、ご相談しながら、どれを導入すればよいのか検討いたします。

 

高機能義歯(保険外)

当院では保険で良い歯科治療を目指して取り組んでいます。

入れ歯には、プラスチックを作る機械に精度が高く歯型にぴったり合うDSシステムと言う装置を導入して、良い入れ歯を提供できるようにしております。

しかし現在保険に導入されていない材料、技術を使った治療もあります。そのような保険のきかない治療については、できるだけ患者様の負担を少なく提供できるよう努めています。

金属床義歯(メタルプレートデンチャー)

入れ歯の床(口の粘膜の上に乗る部分)を金属にすることによって、薄くて丈夫な入れ歯にする事ができます。また金属は熱をよく伝えるので、食べ物の温かさや冷たさを感じやすくなります。 

ノンクラスブデンチャー

金属の留め金を使わずにブラスチックの弾力を使って入れ歯を固定します。留め金の金属が見えないので入れ歯とわかりにくくなります。 

 料金

 金属床(総義歯)   チタン   259200円
   コバルト  194400円
金属床(部分床)  チタン  160800円~
   コバルト  130800円~
 ノンクラスプデンチャー  

 86400円~129600円 

 

次へ

〈歯科治療について〉に戻る

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME